ボレーの打ち方 基礎 スイングして下回転をかける





今回の記事では、ボレーの打ち方の基礎について解説していきます。

ボレーとは、相手からのボールが一度地面に着く前に直接打つショットで、特にダブルスにでは使う事が多くなります。基本とされるのは、下回転をかける打ち方で、スライスショットと同系統のショットです。(トップスピンやフラットで打つボレーもありますが、それについてはまた別の記事で紹介していきます。)


下回転をかけるメリット

下回転をかけるとバウンド後の最高到達点が低くなるため、相手に低い打点で打たすことができます。また、フラットで打つよりもラケット面の動きが小さくなるため、コントロールがしやすいです。

さらに、相手からの速くて低い所に来たショットに対しての返球が、フラットよりもはるかに上手くできるメリットがあります。

フラットで打つということは、ラケットとボールが正面衝突することに近いです。ですので、低い打点で、相手の速いショットに対して、速いスイングで対応するとボールが飛びすぎてしまうし、遅いスイングで対応すると打ち負けて、相手コートにボールを返せなくなる可能性が高いです。

しかし、下回転をかけるショットであれば、回転量を調整することで、適切なスピードまで落として、ボールを返球する事が可能になります。

最初は上手くコントロールできなくても良いので、下回転をかけた打ち方に挑戦していく必要があります。

ただし、回転量は多ければ多いほど良いという訳ではありません。回転量を極端に多くしようとすると、逆に安定性が下がってしまうので、注意が必要です。ボールの表面を上から下にこするようなイメージで打ってしまうと回転をかけすぎたスイングになりやすいです。

そうではなく、ラケットの進行方向よりもラケット面が上を向いている事で自然と回転がかかるイメージを持ってください。ラケット面の方が上向きであれば、斜め上へのスイングであっても自然と下回転はかかります。そして、後で紹介する正しい握り方、正しいスイングができていれば、常にラケット面の方が上向きになるため、特に意識しなくても下回転がかかることになります。

 

 

「ほぼ振らないボレー」は止めるべき

ボレーは、「ほぼ振らない」、「握るだけ」等と言われることが多いですが、これらは、明らかに間違いです。上級者でそのような打ち方をしている選手はいません。

上手い選手はボレーの打ち合いのような速い展開の時でさえも、しっかりとラケットを振っているはずです。

「ロジャー・フェデラー選手のボレー」
USオープン公式チャンネルより 2017年ロジャー・フェデラー選手の練習動画 (15:03:~16:29)
*埋め込み設定により動画の開始時間と終了時間を設定し、動画の一部のみを見れるようにしているため、「もう一回見る」のボタンを押すと、設定した開始位置からではなく、最初から動画が始まってしまいます。設定した箇所を繰り返し見る時は、再生バーで開始時間をクリックする、パソコンの「←」ボタンを使って5秒巻き戻す、このページ自体を再読み込みするといった方法をご利用ください。


「ダブルスでのボレーの打ち合い」(1:22~)

 


ラケットをある程度大きく振ってスイングスピードを出さない事には、下回転をかけたショットをマトモに打つ事ができないため、なるべく小さく振ろうとすると、ほとんどの場合、本来使うべきではない、フラットな打ち方になってしまいます。


しかも、スイングを小さくすると、ラケット面の変化が小さく、遅くなるため、フラットでも取りあえず、ミスせずつなげるくらいなら、ある程度できてしまいます。ですので、「ほぼ振らない」というような意識を持つと、フラットで打つ悪いクセが着いてしまいやすいです。


しかし、上のレベルを目指すなら、いつかは、下回転をかかるボレーを習得する必要があります。その際に根本からフォームを修正しなおす必要があるため、初心者レベルであっても「ほぼ振らないボレー」は、オススメしません。


下回転のかかる正しいスイングができていれば、スイングを小さくという意識は、あまり必要ありません。
(ただし、フォアハンドハイボレーの場合は、スイングが大きくなりすぎやすいので、ある程度意識する必要があります。)


小さすぎるスイングだと間違った動きをしていても自分で気が付きにくいですし、大きめなスイングを練習しておいてから小さくするのは、簡単ですが、逆は難しいので、むしろ、ある程度大きくスイングするようにすべきです。




 



その他のボレーの間違ったイメージ

次によくあるボレーの間違ったイメージを3点紹介します。


ボレーは、ラケット面をできるだけ動かさない:無駄にラケット面を動かしてしまうと安定性が下がってしまうのですが、必要以上には動かしたくないですが、完全に固定しようとすると今度は無理の動きになってしまい、これも安定性が下がる要因となってしまいます。


打ち終わった後、ラケット面がボールを打った方を追いかける:これも同様に無理のある動きになってしまうので、意識する必要はありません。

体重移動の力を使って打つ:体重移動の力というのは、実際には、ほぼ存在しませんので体重移動の力を使うという意識は持たないようにしてください。(詳しくは「体重移動の力は存在しない」の記事を覧ください)

ボレーの場合、前に詰めながら打つ事が多いですが、それはより前の位置で打つためであって、威力を上げるためではありません。

また、同様の理由で「足の力で打つ」のも間違いとなります。




打点は「打ちにくくならない範囲で後ろ」

「ボレーの打点は前」と言われる事が多いですが、当サイトの考えでは「ボレーの打点は打ちにくくならない範囲で、できるだけ後ろ」が基本だと考えています。

あまりに後ろすぎるとマトモに打つことができませんが、その場合は、本人もすぐに気付いて修正していきますので、適切な打点より後ろすぎる打点を打つクセがついてしまう可能性は低いです。

むしろ問題は打点が前すぎる場合です。前すぎるとやや安定性が下がりますが、前すぎてもある程度打ててしまうので、適切な打点でない事に気づかず、クセが付きやすいです。打点が前になるほど、ラケットの動きが前後の動きが小さくなり左右の動きが大きくなってしまい、これが安定性を下げる要因になります。

ですので、「打ちにくくならない範囲で、できるだけ後ろ」という意識を持つと適切な打点で打てるようになりやすいです。

また、ボレーでは、適切な打点は、ボールを打つ高さによって変わります。高いほど後ろの位置が適切な打点となります。





握りはコンチネンタルが基本

ボレーは、コンチネンタルで握るのが基本です。初心者の方は、コンチネンタルだと打ちにくく感じるはずですが、下回転がかかる正しいボレーを打つためには、薄い握りにする事はほぼ必須になりますので、打ちにくく感じても、薄い握りで打つようにしてください。

厚い握りの時とは、スイングの仕方自体が変わってきますので、厚い握りに慣れてしまった方は、スイングもセットで直してくという意識も必要です。

スイングが今までと同じだと、コンチネンタルでは上手く打てないため、一度コンチネンタルで握っても、無意識の内に、厚いグリップに戻してしまうという事が起こりますので注意が必要です。


フォアハンドボレーのポイント

手首は手の甲側に曲げた状態(背屈した状態)で固定します。
薄いグリップで握れていると、背屈しないとマトモに打てなくなります。手首が背屈しない場合は、厚いグリップで握っている可能性が高いです。

ヒジは固定し、曲げ伸ばしは使わないようにします。



バックハンドボレーのポイント

基本的にはバックハンドスライスと同じ動きになりますが、スライスよりは、回転量を少なめにします。

手首は、曲げず、ニュートラルな状態で固定します。

左手をラケットのスロート部分に添え、スイングが始まる直前まで、ラケットを離さないようにします

テイクバックの時点ではヒジは曲げておきます。

ヒジは、リラックスさせておけば、自然と伸びていくので、筋力で意識的に伸ばそうとする必要はありません。(ハイボレーの場合は例外で、ヒジを意識的に伸ばします。)

インパクト時には、ヒジがほぼ伸びきった状態で打つのが基本です。(体の正面、体に近い所に来たボールを返す時は除く)




今回の重要ポイント

○ボレーの基本は、スライスショットと同系統の下回転をかけた打ち方。最初は上手くできなくても、下回転がかかる打ち方をするよにしていく。

○「ほぼ振らない」ようにするとフラットな打ち方になりやすい。むしろある程度大きくスイングする意識をもつ必要がある。

○打点は、打ちにくくならない範囲で、できるだけ後ろが基本。

○ボレーはコンチネンタルで握るのが基本。打ちにくく感じても、薄いグリップを保つ必要がある。

○フォアボレーでは手首を背屈させる。ヒジは使わず、固定する。

○バックボレーでは、手首をニュートラルな状態で固定する。ヒジはリラックスさせ、自然に伸びていくようにする。インパクト時には、ヒジが伸びた状態で打つのが基本。