下回転(アンダースピン)の特徴 メリット・デメリット





今回の記事では、下回転(逆回転、アンダースピン、バックスピンなどとも言われます)の特徴について解説していきます。フォアハンドスライス、バックハンドスライス、ドロップショットや(一部を除く)ボレーなどが下回転をかけるショットになります。


 

下回転は、「遅くできるので」ミスを減らせる

誤解されている事が多いのですが、下回転には、順回転のようにボールの軌道を曲げて、アウト、ネットしにくくできる効果は一切ありません。それどころか、同じ速度であればフラットよりももっと軌道が直線的になり、アウト、ネットしやすくなります。

しかし、実際には、フラットのショットよりも下回転をかけたショットの方がミスを減らす事ができます

その理由は、下回転をかけた方がフラットの時よりもショットを「遅くできる」からです。遅い球なので、空中にいる時間が長く、その分重力の影響を受ける時間も長くなり、結果として、軌道もフラットに比べ曲線的になり、ミスを減らす事ができます。


この「遅くできる」というのには、2つの意味があります。1つは、フラットよりも物理的に遅くできるということ。もう1つは、相手が攻めてこれないから遅くできるということです。

「物理的に」遅くできる
下回転をかけて打つと、威力のあるショットを「いなす」ように打つことができ、相手のショットの速度を落として打ち返す事ができます。この特徴は低い打点でボレーを打つ際などに特に役立ちます。

「相手に攻めらない」から遅くできる
下回転をかけるとバウンド後の最高到達点が低くなるため、相手は低い打点で打たざる負えなくなります。打点が低いほど、当然相手はスピードのあるショットを打ちにくくなります。

適度に高く弾む遅いボールは、単なるチャンスボールとなってしまうので、そういうショットを打たないようにする必要がありますが、下回転の場合、軌道が低いので、遅い球を打っても相手は簡単には攻め込めません。




 

 

下回転による空中、バウンド時の変化

空中では、下回転のかかったボールは、フラットと比較し、減速しにくくなります。下回転が強くかかったボール「伸びてくる」ように感じるのはそのためです。トップスピンの場合、バウンドの瞬間に加速する効果があり、それにより「伸びてくる」ように感じるので、同じ「伸びてくる」という表現を使われていても、メカニズムは全く違います。

同じ速度のフラットに比べ、ボールの落下速度が遅くなり、軌道が直線的になります。(ベルヌーイの定理、マグヌス効果により揚力が発生するためです。)

下回転のかかったショットは、バウンド後の最高到達点が低くなるため、バウンドした瞬間に軌道を低くする効果(入射角よりも反射角を大きくくする効果)があると勘違いしやすいですが、高い位置まで弾んでこないのは、空中における変化の影響で入射角が大きくなるためであって、バウンドしている瞬間に軌道を低くする効果(入射角よりも反射角を大きくする効果)はありません。

実際には、逆に、わずかに軌道が高くなります。しかしながら、バウンドの瞬間のこの変化は、そこまで大きくないので、ほとんど体感できません。

またバウンド時にはボールを(地面と水平方向に)減速させる効果があります。

ボールが遅い場合は、バウンド時に明らかに減速し、場合によっては、ボールが打った人の方に戻っていくこともありますが、ボールが速くなるほど、バウンド時の減速の影響は小さくなり、ある程度スピードがあると、体感では分からないほどのわずかな減速になります。




下回転のメリット

ペースチェンジに使える
ストロークでは、トップスピンのショットでつなぐ事が多く、スライスを使う頻度は少ないのですが、たまに速度の遅いスライスを混ぜる事により、ペースを変えることができます。一定の速度でのラリーが続くと相手は、こちらのショットに慣れてしまい、安定して返球しやすくなりますが、ペースを変える事により、相手の感覚を狂わせ、甘いショットやミスを誘う効果が期待できます。

時間稼ぎに使える
下回転は遅くする事が可能なので、遠くまで走らされ、自分のポジションを戻す時間が欲しい時の時間稼ぎに使えます。

トップスピンで打ち返そうとすると高さのコントロールが難しい
下回転を強くかけたショットは、トップスピンで打ち返そうとすると、(フラット、トップピンのショットを打ち返す時と比較し)下の方に飛んでしまい、ネットしやすくなります。この効果を考慮して、きっちりと狙った高さに打ち返すのは難しいため、基本的には、トップスピンで打ち返すなら、ある程度ネットの上を狙い、誤差が出てもネットしないように返球するのが基本になります。

バックハンドでアプローチショットで使える
「アプローチショットとして使い、ネットに詰めて、相手の(ネットにかけないために)高めに打ったストロークをボレーで決める」という使い方ができます。ただし、(プロの間では)フォアハンドではトップスピンで強力なショットが打てるため、基本的に下回転でアプローチは、使われません。バックハンドでも下回転よりトップスピンでアプローチすることの方が多くなっています。

ショットをより浅くできる
バウンド時に減速させる効果を活用し、バウンド後に相手の方にあまり進まない浅いショットを打つ事が可能です。ですので、浅く打ちたいドロップショットでは、下回転をかけるのが基本になります。

エネルギー消費が少ない
トップスピンに比べ、少ないエネルギーで有効なショットを打つことが可能なので、体力消費を抑えることができます。

 


下回転のデメリット

ネット付近にいる相手の横を抜くのが難しい
下回転のショットは基本的に遅いので、ネット近くに相手がいる時に、下回転でのパッシングショットは、難しくなります。ほとんど常にネット前に相手がいるダブルスでは、スライスショットはかなり使い道が限定されます。後ろの方からスライスショットを打つと前衛に取られる危険性が高いです。

一発では中々決められない
いくら威力のある下回転のあるショットを打てても、一発で決められる武器にはならないです。相手が下回転のショットに慣れていないければ、ミスを連発してくれることもあるのですが、上手い相手になると中々そうはいきません。基本的には、攻撃的に使うとしても、スライスを打った後、甘くなった次のショットをボレーなどで決めるといった使い方になります。

相手がネット付近にいる時にスライスロブで上を抜いても、(トップスピンロブと比較して)追いつかれる可能性が高い



今回の重要ポイント

○下回転には、トップスピンのように軌道を下に曲げて直接的にミスを減らせる効果はない。

○下回転でミスを減らす事ができるのは、ショットを遅くするできるから。下回転は物理的に速度を落としやすいし、相手に攻められないので遅くできる。

○空中では減速しにくい。落下速度が遅くなり、軌道が直線的になる。バウンド時にはボールが減速する。

○下回転のメリットは、「ペースチェンジに使える」、「時間稼ぎに使える」、「トップスピンで打ち返そうとすると高さのコントロールが難しい」、「バックでアプローチショットに使える」、「ショットをより浅くできる」、「エネルギー消費が少ない」。

○下回転のデメリットは、「ネット付近にいる相手の横を抜くのが難しい」、「一発では中々決められない」、「ロブで抜いても追いつかれる可能性が高い」