ジャイロ回転(ジャイロスピン)の特徴 メリット・デメリット



今回の記事では、ジャイロ回転(ジャイロスピン、コークスクリュー回転等とも言われます)の特徴、メリット、デメリットについて解説していきます。

ジャイロ回転とは、進行方向に対して、時計回り、反時計回りの方向の回転です。

テニス界では、ジャイロ回転の認知度が何故か低く、テニスでは、ジャイロ回転のボールを打つことはできないと考えている方も多いと思います。

たしかに100%純粋なジャイロ回転を生み出すことはできませんが、縦回転、横回転が混じった、純粋ではないジャイロ回転であれば、普通に打つことが可能です。(縦回転や横回転の場合も100%純粋ということはまずありません。)

ジャイロ回転を使ったショットには、バウンド時に横に曲がるドロップショット、キックサーブ(ツイストサーブとも言われます、バウンド時にサーバーから見て右に曲がります)、ラットショット (バウンド時に打った方から見て右に曲がるトップスピンのストローク)などがあります。








ジャイロ回転によるバウンド時、空中での変化

ジャイロ回転の空中での影響について、テニスボールの場合、どんな変化が起こるのか、しっかりと実験で検証された例が(当サイトの知る限りでは)ないのですが、経験的に、空中での変化は、ほとんどないものだと推測されます。

バウンド時にはボールの進行方向に対してボールを横に曲げる効果があります。時計回りだと右、反時計回りだと左にそれぞれ軌道を変化させます。

 

同じ「横に曲がる」という共通点があるためか、ジャイロ回転は横回転とよく混同されていますが、この2つの回転では、回転の方向が全く違います。

横回転が「空中で」軌道を横に曲げるのに対して、ジャイロ回転は「バウンドの瞬間」に軌道を横に曲げます。

 


下回転+ジャイロ回転

下回転にジャイロ回転を加えることは、横回転を加えるのと同じようにできるので、割と簡単です。

バックハンドスライスであれば、単純にボールの表面を左から右にこするイメージでスイングするだけで、横回転をかけることができます。ジャイロ回転をかけたいのであれば、ラケット面をもっと上向きにして同じことをするだけです。

ラケット面を上向きにすると当然ショットの軌道は高くなります。ですので、左から右にこすって回転をかけたスライスロブの場合、ジャイロ回転が多くかかり「バウンド時」に左曲がりますし、左から右にこすって回転をかけた低い軌道のバックハンドスライスは横回転が多くかかり、「空中で」左に曲がります。

ラケット面が上を向いていくほどジャイロ回転が多くなり、横回転が少なくなります。逆にラケット面が地面と水平に近くなるほどジャイロ回転が少なくなり、横回転が多くなります。

 

横に大きく曲がるドロップは、ジャイロ回転で、「バウンド時」に曲がります。これは、このタイプのドロップでは、前に進む速度を遅くするため、一度打ち上げる(地面と水平より上に飛ばす)ように打つので、インパクト時にラケット面が上の方を向いているためです。




順回転+ジャイロ回転

トップスピンの場合、インパクト時のラケット面の向きが地面と平行に近いため、下回転のショットのように単純にボールの表面を横にこするイメージでは、強いジャイロ回転を生むことはできません。

トップスピン系のショットにジャイロ回転を加えるための原理の詳細は、実はまだ分かっていません。(少なくとも当サイトの調べた限りでは、科学的に納得できるような説明は見つかりませんでした。)

ただ、経験的にどのように打てば、ジャイロ回転を加えることができるのかは、分かっています。これらについては、また別の記事で詳しく紹介予定です。

 

ジャイロ回転のメリット

バウンドの瞬間まで変化量が読みにくい
空中では変化が現れず、バウンドの瞬間に変化するので、どの程度変化するのか、バウンドの瞬間まで分かりにくいです。ジャイロ回転に慣れていない相手ならば、バウンド時の軌道の急激な変化に対応できず、ミスを連発してくれる事もあります。

相手の苦手な方で打たせられる(特にキックサーブの場合)
キックサーブで、自分と相手が利き手なら、相手のバック側に弾む変化となります。キックサーブはスピンサーブにジャイロ回転を足した、高い軌道のサーブなのですが、フォア側だと高い打点での強打が得意な人も多く、攻め込まれやすいです。しかし、バック側で高い打点は、フォアに側と比較して対処が難しいので、キックサーブは、利き手が同じ相手に対して非常に有用なセカンドサーブとなります。

相手をより走らせる事ができる
相手から離れていく方向に曲がるジャイロ回転をかければ、相手をより走らせる事ができます。


ジャイロ回転のデメリット

曲げたくない方に曲がってしまう場合もある

知らぬ間にジャイロ回転がかかってしまい、曲げたくない方向に曲がってしまう場合があります。

よくあるのが、(トップスピン量が多めの)スライスサーブで空中で左に曲がっているのに、バウンド時に右方向に軌道を変えるジャイロ回転がかかってしまい、全体として思ったより左に曲がらなくなってしまうケースです。(この原因と対策については、また別の記事で紹介予定です。)




今回の重要ポイント

○ジャイロ回転とは、進行方向に対して、時計回り、反時計回りの方向の回転。

○空中での変化は、ほとんどない。バウンド時にボールを横に曲げる効果がある。

○ジャイロ回転のメリットは、「バウンドの瞬間まで変化が読みにくい」、「相手の苦手な方で打たせる」、「相手をより走らせる事ができる」。

○ジャイロ回転のデメリットは、「曲げたくない方に曲がってしまう場合もある」。