重心を前に取る サーブの威力を上げる方法3


この記事は、前々回の記事「足の力を活かす サーブの威力を上げる1」からの続きですので、まだお読みになっていない方は、ぜひ先にそちらをご覧になってください。

 

前後にくの字の体勢を作り、足を伸ばすと上半身が前に起き上がり、腕を前に引っ張る力が生まれるので、サーブの威力を上げる事ができる事を前々回で説明しましたが、今回はその効果を更に高める方法をご紹介します。

その方法は、簡単に言うと、ジャンプの直前で、前後にくの字の体勢を取ったうえで前にある足の方に多く体重を乗せることです。ただ単にくの字の体勢を取るよりも、重心を前に取った方がサーブの威力を上げる効果が格段に上がります。これは、サーブの威力を上げるうえで、かなり重要なポイントなのですが、素人レベルでは、これがしっかりとできている方は少ないです。

下のの2つのイラストは、トッププロがサーブでひざを伸ばし始める直前の様子を横からの視点で示したものです。体が曲がっているため分かりくにいですが、よく見れば、両足の中央の位置より体が全体的に前の方に寄っており、重心がかなり前の方にある事が分かると思います。

 






 

重心に前にするコツ、注意点

重心を前にする際のコツ、注意点などをこれから具体的に解説していきます。


ジャンプの直前に重心を前にする
先ほどのイラストのように重心がかなり前にあると、今にも前に動きだしてしまいそうな状態になるため、長くキープする事はできません。最初からずっとこのような姿勢をしている必要はないので、ジャンプの直前このような状態になるようにします。

具体的にどうやってそうするかは、後程説明していきます。


体重を左足に乗せる
重心が前の方にあると、基本的には、後ろにある右足よりも前にある左足の方に多く体重が乗る事になります。右足に体重が乗りすぎている場合、重心が前の方にきていない可能性が高いです。

「左足に体重が乗る」というのは、言い方を変えると、左足の裏に強い圧力を感じる状態、もしくは、左足の裏で(重力により)地面を強く押している状態、という事です。逆に体重が乗っていないというのは、足の裏に圧力を感じない、足の裏で地面を押していない状態です。

どの程度左足に体重を乗せるべきか、具体的に数字を出すのは難しいところですが、意識としては、ジャンプの直前には、できる限り左足だけに体重を乗せるくらいで丁度いいと思われます。

フットフォルトを防ぐという意味でも体重を左足よりにする事は重要です。左足に体重があまり乗っていないと、ジャンプする前に左足が動いてコートの中に入ってしまい、フットフォルトになりやすくなります。


右足のカカトを左足より高くする
サーブの時は、両足ともつま先立ちする必要がありますが、前の方に重心を持っていくためには、右足のカカトを左足のカカトより高くした方がやりやすいです。


足の力をしっかり使えるように注意
一つ注意して頂きたいのは、前重心にすると、足で地面をしかっりと蹴る前に、体が前に動き出してしまう可能性があるという事です。そうなってしまうと、足の力を使い切れず、サーブの打点が低くなったり、威力が下がったりしてしまいますので、ご注意ください。

 

サーブの種類別の重心を前にする方法

重心を前にする方法は、足を寄せるタイプのサーブと足幅が広いまま打つタイプのサーブで違うので、タイプ別にそれぞれ解説していきます。

○両足の幅を広く開いたままのタイプ
ジャンプの直前の時点で最も重心が前になるように、徐々に重心を前にしていきます。腰、もしくはヒザを徐々に前に突き出すにつれ、左足に乗せる体重の割合を増やしていく意識を持つようにしてみてください。


○足を引き寄せるタイプ
このタイプのサーブでは、右足を引き寄ている際には、右足に体重がほとんどかからず、左足に体重がかかかっている状態になっているので、足を寄せた後すぐに地面を蹴るようにすれば、自然に左足に多く体重が乗っていて、重心が前の状態になるはずです。

足を寄せた状態で、ボールを待つ、足を更に曲げようとするなどして、止まってしまうと、右足に体重が乗り、重心が後ろの方にいきやすくなりますのでご注意ください。

 

体重をボールに乗せている訳ではない

今回の記事では、体重に関することを書きましたが、誤解しないで頂きたいのは、これは、「ボールに体重を乗せること」や「体重移動の力を使うこと」のためにやっている訳ではないという事です。

体重移動の力は存在しない」の記事に詳しく書いてありますが、体重移動にショットを速くする効果というのは、ほぼありません。

ジャンプ直前に前足に体重を乗せておくのは、上半身が一度起き上がり、その後前に倒れこむ速度が上がるためです。これにより、スイングスピードを上げ、よりサーブのスピードを増すことができます。


今回の重要ポイント

〇前後にくの字の体勢を取ったうえで、重心を前にし、ジャンプする事でサーブの威力を上げる事ができる。

〇重心に前にするコツは、「腰かヒザを前に大きく突き出す」、「ジャンプの直前に重心を前にする」、「体重を左足に乗せる」、「右足のカカトを左足より高くする」。

〇重心を前にすると、体が前に動き出すのが早すぎて、足の力をしっかりと使えなくなる場合があるので注意が必要。

○「両足の幅を広く開いたままのタイプ」のサーブでは、腰、もしくはヒザをに前に突き出すのに伴い、左足に乗せる体重の割合を増やしていく意識を持つ。

○「足を引き寄せるタイプ」のサーブでは、足を引き寄せた後、すぐにジャンプを開始するようにする。