フォアハンドストローク 体の回転のエネルギーの伝え方





当サイトでは、フォアハンドストークの最も重要な運動連鎖は、「足の伸展→上半身の回転→腕の振り→手首の回転」であると考えています。

この記事では「上半身の回転→腕の振り」部分の運動連鎖につてい解説していきます。



「フォアハンド 体の回転を活かしてスピードアップ」解説動画




体の回転の力を活用できれば、腕だけの時よりも格段に威力のあるショットを打つことができるようになります。速いショットを打てるようになるためには、体の回転から腕の振りへの効率の良い運動連鎖を習得していく必要があります。

ただし、腕の動かし方が根本的に間違っている場合、体の回転を活かすことは難しいです。

ですので、体の回転を活かしていこうとする前に、まず、一度自分で動画を取って、正しい腕の動きができているか確認してみることをおススメします。

動かし方が明らかにおかしい場合、そちらを直していく方が先決です。腕の使い方については「フォアハンドストロークの基本」で解説しておりますので、それら等を参考にしながら、動きを修正してみてください。



 





体の回転のエネルギーを伝える方法

フォアハンドストロークのテイクバックの基本は、手で円を描くような動きの「ループ型」となっていますが、ループ型のテイクバックを含めると少々分話がわかりにくくなりますので、まずはテイクバックなしのスイングで解説していきます。


上級者だと、余裕のある時には、体を180度近くまで回転させて打つ事が多いのですがいきなり、そこまで回転させて打つのは難しいので、最初は、90度くらい回転ができるように練習していきましょう。横を向いた状態から正面を向くくらいまで、体を回転させて打つようにしてください。

最初から体が前を向いていると、当然ながら体の回転を使えなくなってしまいます。

また、一度横向きになっても、スイングを始める前に体が前に回転してしまうと、最初から前を向いていたのと同じになってしまうので、注意が必要です。少しずつ前を向いてしまうのではなく、ギリギリまで体の横向きをキープしておいて、一気に体を回転させる必要があります。


なお、「腰を回転させるように」とアドバイスされる事が多いですが、腰は意識的に回転させてはいけません

止まって打てる時なら、腰を回転させてもあまり問題にはなりませんが、動きながら打つ時だと、体がブレてショットが不安定になります。腰ではなく上半身を回転させるようにさせ、腰は後からついてくるようにします。(ただし、「フォアハンドストローク 足の力の使い方」の記事で紹介するような足の力を使ったショットの場合は腰の方が先に動き出します。)


それから、「体の回転を正面で止めよるように」、「体が回りすぎないように」とよく言われる事もあるのですが、基本的には、体が回りすぎて悪影響が出る事はまずありませんので、そのような意識を持つ必要はありません。

昔は、プロ選手でも正面を向いて終わる打ち方をしていましたが、現在では、正面よりもかなり左を向いて終わるのが通常の打ち方となっています。

手が肩の上に来て終わる昔の打ち方の場合は体が回りすぎることにより安定性がやや下がってしまいますが、肩の下で終わる打ち方ができていれば、安定性は下がりません。

最初の内は正面を向くくらいで終わって大丈夫ですが、威力を上げるためには、正面で終えようとするのではなく、むしろ左の方を向いて終わるようにしていく必要があります。


なお、「体の回転軸をなるべく地面と垂直にするように」とアドバイスされることもありますが、これは明らかに間違いです。

体が地面と垂直のまま打つ事が多いのは、上級者よりもむしろ初心者の方です。プロレベルでなるべく体の回転軸を地面と垂直に保としている選手は、まずいません。

この事は、一度プロ選手の試合などを見て確認することで、すぐに分かって頂けるかと思います。

体を地面と垂直に保とうとすると、遠くの球、低い球を打つのが難しくなりますし、動くのも遅くなります。また、垂直に保てば、ショットが安定すると考えられているようですが、実際には、その効果も無いと思われますので、メリットも特に無いと言えます。



体の回転のエネルギーを効率的に伝えるためのポイント

体の回転エネルギーを効率的に伝えるためのポイントは、体が回転し始めた後、一瞬遅れて腕を動かすようにすることです。体の回転に引っ張られてから腕を動かすようにしてください。


体の回転よりも腕が先行してしまうと体の回転のエネルギーが全く活かせません。

また、体と同時に腕が回り始めてしまうと、逆に、腕を前に動かすために使われる筋力(胸筋、肩回りの筋力)をショットに活かせなくなります。



腕を動かし始めるタイミングの良し悪しが、運動連鎖の効率を決める最も重要な要素と言えます。

では、どうすれば、良いタイミングを取れるようになるかというと、これには反復練習を行うしかありません。より威力のあるショットを打てるように意識しながらストローク練習を繰り返してください。

最初は、タイミングが理想的なものとズレてしまいますが練習を繰り返す内に徐々に良くなっていくはずです。(このあたりの事は「運動連鎖とは」の記事で詳しく解説しておりますので、ぜひこちらも合わせてご覧ください。)




ループ型テイクバックをした場合

テイクバック無しの時とやる事自体は、あまり変わりませんが、体の回転より先に腕が動き出している分、やや動きが分かりにくくなります。ポイントは、ループ型テイクバックをしても体の回転の後、腕が一瞬遅れるようにすることです。

体の回転に引っ張られる前から、全力で腕を動かしてしまうとこれができなくなってしまいます。体を回転させ始めるまで前までは、やや遅めに腕を動かし、体を回転させ始めた一瞬後から全力で腕を動かし始めます。体の回転を始めるのは、手が先ほどまでの例でスイング始めていた位置に来る少し前の時点になります。





90度体を回す打ち方が上手くできるようになった後は

基本的には、体の回転する角度が大きいほどショットの威力が上がりますので、横を向いた状態から始める打ち方で上手く打てるようになってきたら、真横よりも20度程度体を後ろ向きにした状態からでもスイングを始められるように練習してみてください。

また、すでに一度述べましたが、打ち終わりも正面ではなく、左の方を向いて終わるようにしていく必要があります。

最終的には体を180度近く回転させるのを目標にしてみてください。

ただ、90度回す打ち方で上手く打てるようになる(体の回転のエネルギーを効率よく腕に伝えられる上に、全力で打ってもミスが少なくなる)までにも、相当な練習が必要(数年程度はかかるかと思います)ですし、180度回転させて上手く打てるようになるには、そこから更に長い時間がかかりますので、あせらず着実に練習を重ねて頂ければと思います。

なお、体を大きく回転させて打つにはクローズド気味ではなく、オープン気味のスタンスで打つ必要があります。スタンスについてはまた別の記事で詳しく紹介させて頂きます。
体が回りだし体が



今回の重要ポイント

○体の回転のエネルギーを利用できれば、腕だけの時よりショットの威力が格段に上がる。

○まずは、横を向いた状態から正面を向くくらい(90度くらい)体を回転させて打つ練習をする。

○最初から体が前を向いてたり、一度横向きになっても、スイングを始めるより先に体が前を向いてしまうと、体の回転が活かせない。

○腰は意識的に回転させてはいけない。

○左肩の下で終わるスイングができていれば、体が回りすぎないようにする必要はない。

○上半身を地面と垂直に保とうとする必要はない。

○体の回転を活かすためには、体が回転し始めた後、一瞬遅れて腕を動かすようにする必要がある。体よりも腕が先に動き出したり、体と腕が同時に回り始めないようにする。

○腕を動かし始めるタイミングを良くするためには、威力のあるショットを打てるように意識しながら、反復練習繰り返すことが重要。

○ループ型テイクバックをした場合も、体の回転の後、腕が一瞬遅れるようにする。